gと烙印(@アニメてにをは)

ジブリにまつわる回想、考察を書いていきます。

gと烙印:第102話~至上の自己承認(その1)

  フェイスブック上でプライベートな形で書いた回想記「烙印」は全部で三十数話ある。
 一回一回の分量は長くて、今後このブログで掲載するにしても、全文オリジナルで一度掲載すると同時に、読みやすいように何回かに分けて掲載してもみようと考えています。
  ◆
 「熱風」で「アニメの「てにをは」事始め」を連載する過程で、その宣伝になればいいと思ってツイッターアカウント@animeteniwohaを始めて、その延長でこのブログ「gと烙印」を開始させました。
 そうなってくると、ジブリでの回想で書き残していなかった数々の思い出が残っていることにいまさら気づきました。
 それを少しずつ書いていこうと思います。
  ◆
 フェイスブックで以前書いた文章は二桁番台(~99話)に収めるとします。
 そしてこれから新しく書き始める文章は三桁番台(100話~)とします。
 それでこれは102番目。
 100話目は?と思われるかも知れませんが、記念すべき節目にあたる番なのでいつかのために留保しておきます。
  ◆
 いまこの投稿を読んでいるひとは、このブログを追うぐらいのひとだから、宮崎駿への思いはそれぞれにいろいろあるだろうと思います。
 その宮崎駿に認められたら、皆さんはどんな思いになりますか?
 承認願望という語があります。
 自分が相手から承認されたいと願う願望があるのだといいます。
 そういう気持ちあるのはあって当然だと思います。
 肯定感がなければ、なかなか人生はつらい。
 しかしこの「承認願望」というキーワードは、フェイスブックツイッターなどのSNSでもらう「いいね!」の隆盛と密接に絡んでいるのではないでしょうか。
 あの「いいね!」ほど、与える側が手軽に付与できる「承認」はないでしょう。
 しかしあれをもらうとすごく安心感がある。「認められた」と思う。その与えた側のそうした内実など関係なしに。
 そんなお手軽な「いいね!」が十二分に自己承認の印として機能するならば、じゃあ、本当に自分が敬意を持っていた人物から自分のことを「承認」してくれたらどうなるのでしょう。
 それこそが「至上の自己承認」ではないでしょうか。
 ぼくはその「至上の自己承認」をもらってしまったのです。
 宮崎駿監督にからだ。
(その2へつづく)

gと烙印:第102話~至上の自己承認(その2) - アニメてにをは~gと烙印